1.久留米医師会の変還

・親睦研究団体
明治10年久留米町と近傍の大石、白山、梅満村の在住開業医により来目(くるめ)医学協会が作られた。

・医師組合時代
明治16年福岡県規則「開業医組合設置法」制定に準拠し、御井・櫛原・山本3郡医師組合設立。
明治22年久留米市制施行に伴い御井・櫛原・山本3郡医師組合を離れ久留米市医師組合を創立。
これを久留米医師会起点と見ることができよう。後に久留米医会と改称。

・省令医師会時代
医師法交付、福岡県令による医師会規則施行細則の制定により、明治40年に久留米市医師会の設立が県知事名で認可された。

・法定医師会時代
医師法の第3次改正に伴い、従来任意設立であった地方医師会が強制設立となり大正9年に法定の久留米医師会が誕生した。

・県医師会支部時代
太平洋戦争(第2次世界大戦)に突入し官製医師会と改組され、久留米医師会は昭和18年福岡県医師会久留米支部となった。

・社団法人時代
戦後官製医師会は解散し、昭和22年、民法34条により社団法人医師会が出現。その後GHQによる旧役員の追放騒ぎがあり、新生久留米医師会もいったん6月に成立し、12月にこれを解散、役員を改選して新発足した。


2.歴代会長

初代 陶山 成器 明治22年〜
2代 中山 元琳 明治33年頃〜
3代 三原  亘 明治38年頃〜
4代 永松 巳之吉 大正4年〜
5代 土肥 生 大正9年〜
6代 永島 太朗 昭和2年〜
7代 三池 重作 昭和4年〜
8代 本間 一郎 昭和17年〜
9代 楠   正人 昭和22年〜
10代 山川 孝吉 昭和29年〜
11代 槇   哲夫 昭和35年〜
12代 井上  伝 昭和41年〜
13代 石橋 大和 昭和49年〜
14代 牛島 茂雄 昭和61年〜
15代 村岡 伸也 平成2年〜
16代 田中 幹夫 平成10年〜
17代 丸田 宏幸 平成16年〜
18代 津村 直平 平成20年〜
19代 北里 誠也 平成24年〜
20代 田中 二三郎 平成30年〜